FC2ブログ

さちみんブログ

漫画家さちみりほのつれづれ日記。

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

≫ EDIT

やっと原稿終わりました…

長いこと管理にも来れなくてホントすみませんでした。
…言いたいこと書き殴ってしまったまんまで、ご心配おかけして、
締切り終わったら、ちゃんと色々謝りに来ねば と思ってたんですが、
いざ時間できたら何て書いていいかわからない…です。

今思うとホントただ愚痴りたかった、誰かに慰めて欲しかった
だけだったのかもと(弱すぎる…)思うのですが。
あんな愚痴を立て続けに書いてしまった事で、勿論批判もいっぱい
いただきました。
当たり前だ 私のやった事って、ネットでの個人攻撃も同然だったんですよね。
その時は全くそういうこと思い至らなくて、ただその場にいた他の人達
に疑い向かなきゃいいや ぐらいの浅はかな考えだったんですが。

私は今までずっと、「自分は何言われても平気、どんなにダメ出しされても
話変えられても、その条件の中で絶対面白くして見せる!」と思い続け、
同じように人間付き合いでも、
「他人からどんなに貶されてもへこたれない、神経太いから」
って自分でも笑って言ってたはずなんですが、人間、そういつまでも
平気ではいられなかったみたいです。
こんな事書いちゃダメ!とか、あんな事ぐらいで気にしちゃダメ!と
抑え続けてきた挙句が周囲巻き込んで爆発というか…

これからどうなるんだろう、私のファン減っちゃうんだろうな、とぼんやり
思ってたんですが、でもでもね、エライ事やらかしちゃったとは
思うけど、やっぱり 
「わ~…書いてよかった  すっきりした~~d(><)b」
って言うのが今の偽らざる私の本音なんです。
いや、まだまだ書き足りない、もっと怒りはいっぱいよ!(←押さえとけ)
というか…。ホントごめん、自分でもまさかこんな奴とは。

この地雷も爆撃もない平和な国で、漫画などという暇つぶしの頂点のような
仕事を描かせてもらえてるだけでも幸せv というのも本音
でも、皆もっと真剣に今の仕事大事にしようよ、
このままじゃマンガがこの世から無くなっちゃうよ、
という不満の声も本当だったりします。自分の中で。

これが冷静な判断なのかどうか判りませんが、今の私のとっても
正直な気持ちだったりします。
皆さんも何か日常で我慢してる嫌なことあったら(自分でもそんな自覚は
ないにしても、もんやりしてる事があったら)、私のこのブログでもよかったら
どんどん使って吐き出してやって下さい。スッキリして帰ってv

事後報告 
件の作家さんについては、私がここに書く前に、何か周囲が見兼ねて、
(それまでの事もあって)色々言ってくれてたみたいで、無事事なきを得ました。
でもその場で怒れなかった私が悪い  御免なさい。
出版社さんとは、何か恥ずかしいぐらい書いちゃったせいで、すごい本音で
言い合える打ち合わせ?になってます。…少なくとも私は楽です。

あ、それと私がプロだのアマだの言ったことでもご批判のコメントを
いただいたんですが、私達は「デビューしても食べていけないうちはプロ
じゃない」とか「新人5年はプロじゃない」と普通に言われる世界なんで、
今回「新人さん9人入れたんで、さちみさん、よろしく」と言われて、自分の
気構えのようなつもり(中堅と新人くらいの意味で)で書いたんですが、
言葉足りずに偉そうに聞こえたみたいで申し訳ありませんでした。
でも私「プロ意識」って言葉好きなんですよ。
デビューした頃の「まだ○年目だから」って言い訳(してました)頃の
自分に比べたら、覚悟が出来てきたなぁって感じで。
だからこれからも使うと思うけど、決してアマチュアや新人さんを見下したり
して言ってる訳じゃないんです。
そんな目で見てたら、いそいそとコミケに行って、オリジナル同人買い捲ったり
出来ません!
確かにプロの中にはコミケを嫌悪してる人達もいて、私も以前ある人から、
「コミケに行くなら、プロと認めてやらない」と言われた事もありますが。
「アマチュアには、時間とお金に縛られない、見習うべき作品があるんです!」
と反論して来続けた自分だけに、この誤解だけはどうか解いて下さい…
業界長すぎて言葉足らずになっちゃう私がやっぱ良くないんですね。

でも、励ましでも批判でも、いっぱい言って下さって嬉しかったです。
叱ってくれるのも、私のマンガを読んで下さってるからなんですよね。
「言うだけ無駄だった」と言われないように、気を引き締めて今年後半戦に
向かいたいと思います。
まずは皆様、熱い熱いコミケでお会いしましょう!
スポンサーサイト



| その他つれづれ | 14:42 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月