さちみんブログ

漫画家さちみりほのつれづれ日記。

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台湾の製麺会社「興霖(シンリン)食品有限公司」(南投県)をご存知でしょうか

張秀釵(ちょうしゅうさ)さんと言う女性の方が経営しておられる会社です。
震災の時、工場で作っていた全製品を、一つ残らず
日本へ送って下さった方です。
台湾では小麦粉が高騰して大変だと言うのに。
仙台港が使えなかったため東京湾につけて、そこからトラックで
被災地まで、あの放射能騒ぎで日本の輸送車も走らなかった頃に。
張さんの息子さんはずっと入院中で、この4月にはお母様も
亡くされたと言うのに。

「中国は国家を上げてコンテナ一つ、国内の運搬は日本が
やるべきだと記者会見までして怒ってた。
僕の叔母さん、一人で国家以上の事をした。
なのに日本は中国にばかり感謝する 何故だろう
さちみ何故だろうね」

私にこの事を教えてくれた張さんの甥 林建良先生の声は
悲しそうでした。

張さんご自身は
「大袈裟にされたくないし、良ちゃんが日本の皆さんに
お世話になってるんだから当然のこと」と仰ってるそうですが、
栃木で数少ない小児科医として、帰国もせず頑張ってくれてる
林先生に助けられてるのはどちらの方なのか…
どうかここを見た人はコピペでも何でもしてくれて良いから
一人でも多くのの日本人にこの事を知らせて
「シンリン」に感謝の声を届けて欲しい。
(ここにシンリンのHP貼ろうとして失敗しました…)

台湾からは義援金以外でも、新聞に出なくても
こんな善意がずっと届けられているのです。
スポンサーサイト

| その他つれづれ | 11:18 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そろそろ震災以外の話題をとも思うのですが

明るい話題をとのご希望もありますし、が思う端から次々と…。
もう今年は震災と共に生きる 一年になりそうです。
地震も放射能も出来るだけ明るく向き合っていくつもりなので
ご容赦下さい。
支離滅裂な展開になると思いますが御免なさい。

取りあえず今日の話題
今日は声優の吉田こなみさんが主催しておられるワークショップで、
生徒さんの発表作品として私の「ルノワールはお好き?」を
公演して下さるので観に行ってきます。
台風の中を出掛けるのはちょっとワクワクものです。

| その他つれづれ | 08:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

吉田さんを処分しないで~o(T□T)o

被災地の方からも心配された我が家オヤツ事情ですが
それはまぁ置いといて(^^;

私の乏しい知識でも、日本中の命の恩人「福島の50人」のリーダー
吉田さんが注水自己判断で止めなかったせいで(報告してなかったせいで)
東電が処分する言うてます。

ハッキリ言うて報告なんかどうでも良いの!後でも良いの

現場はそれどころじゃないんだから

また爆発あったんで逃げて下さい くらいの放送でもない限り
上への報告(この言い方もイヤだけど)なんか後回しで
一番大事な事やって欲しいのが国民皆の思いなの!

それを政治家達が勝手に騒いだからって何で一番の功労者
処分されないかんの!
当日大騒ぎして報告待つだけだった斑目はどうでも良いけど
ここで吉田さん減給とかだけでも処分対象にしたら
それこそ世界中の顰蹙買うよ
いや世界の目なんてどうでも良いから、これ以上
もう足の引っ張りあいやらかすな政府!
そして現場の一番頑張ってる人達を自分達の水掛け論の犠牲にするな~!

| その他つれづれ | 11:42 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日のオヤツ


スルメ最後の一本をアシさんと分け合ってます…
いや隣のミスノンの方じゃなくて

| その他つれづれ | 15:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さっき拍手コメントを読みまして

そうなんです。拍手にもコメントいただけるの、すっかり
忘れてて、アシさんに言われて慌てて一気読みして来ました。
拍手コメント組の皆様、いっぱいいっぱいのお言葉、有難うございます。

中にお一人、仙台で被災された方がいらして、
電気もガスもない暗闇の中、蝋燭の灯りで
「夢やしき」を読んで自分を励ましてましたと書いて下さっていて、
それ読んでものすごく泣きそうになりました。

あの寒い寒い3月、そんな風に私のマンガを読んで
くれてた人がいたんだと思うと、うわぁ…
漫画家になってよかった 
マンガ描いててよかった~ 

たとえ本屋さんにちょっとずつしか置いてもらえなくても
その1冊を待ってて下さる読者様がいる限り
明日からもまた頑張る!です。

このブログも何かの役に立ってるのかな~と時折不安に思いつつ
やってますが、これからも思いの丈を垂れ流して行きますので
よろしくです~。

| その他つれづれ | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あくまで被曝対策で

普段の生活で毎日超塩辛おむすび食べてたら
別ルートでガンになりかねませんからね。
私達は玄米味噌汁等の健康食で、被曝の恐れのある場合のみ
辛い味噌汁と天然塩をそして常に金山時味噌をお側に。

心の栄養にたまにはケーキも…。

| その他つれづれ | 13:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そして放射能には天然塩と玄米お味噌

中国での塩の大量買い占めはここから曲がりくねったものなのか…。
今んとこ大丈夫でも油断せず自分達で出来る限りの健康対策を。

秋月辰一郎博士の「長崎原爆体験記」もう既に有名ですが
「塩からい玄米飯、塩辛い味噌汁を食し砂糖を控えよ」
爆心地1・5kmで職員に原爆症を出さなかった脅威の食事療法です。
玄米、塩、味噌、梅干し、海藻、糠漬け等は放射能から身体を守る
事を身を持って教えてくれた方です。
特にお味噌、チェルノブイリ後欧州で物凄く売れたとか。

私は栃木の医師をしてる知人に金山時味噌を送ったんですが
今こういったものを福島原発の作業員の方々や自衛隊や、
地元避難の方々に送れないか真剣に考えてます。
東電にメールしても無視されそうだけど、まずは発信せねば
金山時味噌本当に良いと思うんです。

原発最前線で働く皆さんに玄米と金山時味噌を!

| その他つれづれ | 10:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

放射能今んとこまだ大丈夫論 続き

コメントにも書きましたが、私は小さい子供さんのいるご家庭は
どんだけ水とかを買い占めても、東京より更に遠くの関西や九州や
あるいは外国に移住しても、やり過ぎといわれても良いと思う。

でも逃げたくても逃げられないご家庭の方々は、どうか悲観せず、
電磁波や黄砂から子供を守るように、栄養と健康な生活と
笑顔だけを(自分にも)与えてあげて欲しいです。

そしてもう私達みたいに60年代からの放射能をたっぷり
満喫してしまった30歳児、40歳児からのご家庭では
毎日の東電の暗いニュースにへしょげるより、きっと
この後、良いことがいっぱい待っているんだと信じて顔を上げて
暮らした方が、ずっと身体と健康に良い気がします。
少なくともこれで日本の原発は少しずつ減って行く、
被災地の子供達は人助けに奔走してる、福島や東北の物産は売れ続け、
日本中の人達がますます優しくなっている、
良いことはいっぱい起こり始めています。


私に今んとこ大丈夫論を教えてくれた茂木先生からの最新メールを
ご本人の許可をいただいてご紹介します。
米国のラッキー教授(名前がステキ)の論文紹介に取り組んでおられます。↓

さちみりほ様

ラッキー論文の日本語訳が一応完成いたしましたのでお知らせします。
ご希望の方には、日本語版PDFファイルをお送りしますので、ご連絡ください。

 「原爆によりたくさんの人が死亡し、壊滅的な被害があったことなどがメディアで
大々的に報じられたことにより、世界中の人々は放射線は全て有害であると信じ込む
ようになった。このため、わずかな量の放射線についてもおびえるようになってしま
ったのである。」「低線量放射線が健康に有益であるという科学的に実証された情報
は無視された。本論文に取り上げた諸研究には原爆で生き残った日本の人々の健康が
増進された例が紹介されている。」

 こう書いているからといって、ラッキー博士はなにもあの国際法違反の大犯罪であ
るアメリカの原爆投下を擁護しているわけではありません。私もこの犯罪は絶対に許
すことはできないと考えております。

 だからといって原爆悪⇒放射能絶対悪という考えを真理と信じ込んで正義感ぶるの
は、はっきり言って偽善です。被曝者の立場に立っているかのように思うのは大錯覚
で、被曝者を差別し、余計な苦しみを与えかねないことに気づくべきです。低線量被
曝者は、健康にも問題ありませんが、遺伝的な障害を将来起こすのではないか、とい
う危惧を完全に払拭してくれるのが、ラッキー論文に紹介されている被曝者の追跡調
査です。

 アメリカは被曝者の医療情報を秘密にしたという事がよく言われますが、終戦直後
の惨状についての情報を秘密にしたことは事実ですが、その後の追跡調査はアメリカ
がどうこうできるはずもなく、日本で広範に行われてきていることが、この論文を読
めばよく分かります。いわんや、80年代になって被曝者のガンにかかる率が高くな
ることが分かったので、アメリカが隠そうとしたなどというのはデマもいいところで
す。そんなことはできません。アメリカ万能のような言い方は笑うべきデマです。

 論文の結論の「考察」のところで「20世紀においては放射性廃棄物は大いなるや
っかいものであった。21世紀においては、放射性廃棄物の再分配が健康増進への一
つの解決策になるのである。」と述べられていますが、是非ともさらなる研究によっ
てこれが実現できることを願いたいものです。

 なお、ラッキー博士と連絡を取りましたところ、現在 ”Biological Effects of
Ionizing Radiation: a Perspective for Japan”を書いたところで、近々
Journal of American Physicians and Surgeonsに掲載されるということです。
これは日本への贈り物である、と博士は云っておられますが、発表されたら是非この
論文も日本語に訳して皆様にご紹介したいと思います。

平成23年5月13日              茂木弘道拝

 




| その他つれづれ | 23:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ローゼリア…本屋さんで見ないんですけど

皆さんのお近くにはありますか?
うちの近所の本屋さん、何処も全く見かけなかったんで、
勇気出して3軒目で聞いてみたら奥の方~からたった1冊だけ
出してくれ…たがために、それを買うハメに(^^;)
それっきり一冊もない○の国屋書店…。

どうかどうかアマゾンでも何処からでも良いから
皆さんのお手元に届きますように。
今の私には放射能より怖い今回の売り上げですが
(何せ震災で不況でインクも流通も何もかも足りない出版界)
こんな風に仕事の心配できるだけでも幸せなんだろうなぁと。

まぁいいや、極小部数の希少書と思って楽しんでいただければ。
今回はいつもより更に念と感謝を込めて、皆様に幸福が
届くよう本に色々込めております。
あのマジメ後書きは今見ても下手過ぎて後悔満載ですが。
下手のくせに」知人の東日本応援プロジェクトにも
コメント書いてしまいました。

「私達は何処に住んでいる者も皆、復興に向かって戦う仲間です」
だったかな。
こっちの方がマシだったかな、
ああ先に立たないから後悔なのね…。

| 新作情報 | 23:20 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。