FC2ブログ

さちみんブログ

漫画家さちみりほのつれづれ日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

余震にも放射能にも負けないけど

先週から東京戻って来てました。
和歌山に置いて来るはずだった母も何故か一緒に…。
戻った途端にお風呂の中で「わぁ~余震」震度3程度なら
最早からだで予測出来ますね。うちの部屋は4くらいですが…

1960年代の放射能が、世界中で今の千倍だったと聞いた
辺りから、もう何もかも平気になって来た私ですが、
それでももう庇えない東電も菅総理も民主党も…(ー -;)

アメリカから原発特殊部隊来てくれてたのに、
待機のまま帰ってもらったってどういうこと?

事故直後から駆けつけるつもりだった東芝技術チーム
も断って自分たちだけでやってるって本当なの?

私は世界中の叡智を結集して、それでもまだどうにも
ならないんだと思ってましたよ違うの?
たとえ精鋭部隊に頼む事なくなってても
(なくなってないよ汚染水大変だったよ)周辺の
瓦礫撤去だけでも手伝ってもらうとか
プロに現地見てもらって判ることもあるはずだし。

自衛隊も作業員も人間なのよ 駆けつけようって人が
いてくれるなら少しでも頼って休ませてあげてよ~!

すっかりシーベルトに詳しくなって、東京がいくら安全と
言われても、福島が安全にならなきゃ誰も喜べないよ~!

避難して来た人から放射能がうつるとか、同じ温泉に入って
大丈夫かとか、この21世紀にもなって信じられない馬…
あ、いえ お勉強の出来てない方々もおられるようですが、
そんなド阿呆、あ、いえ賢くない方が一人でもいたら、
そこの市町村全体がバ~カバ~カ言われかねませんわ。

何にも悪いことしてない人達が、謂れのない差別を
広島長崎の時代のように受けるのだけは絶対許されません。

もしかしなくても、世界中の目が日本人をそんな風に
見る日が来るかもしれない っていうか既に見られてるかも
知れない今、日本人が日本人庇わなくてどうするよ。

今、作業員の手伝いも自衛隊や消防士にもなれない私達に
出来ること、放射能の知識に詳しくなって出来る限り
周りにも教えてあげること バ~カな思い込みの人々にそれが
いかに恥ずかしい行為や考えであるかを、たとえ相手が3歳児で
あろうとも、人の話全く聞かんオバちゃんであろうとも、
噛んで含めて脳髄まで言い聞かせて差し上げること。
(関西でちょっとやってきました。大変だった…)

1963年の放射能が今の丁度千倍だったそうです。
少なくとも当時地上核実験やってた国々は、私達を差別はせん
と思います。

スポンサーサイト



| その他つれづれ | 13:50 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

昔は1000倍だったんですか!

初めて知りました。なんでテレビはそういった比較で解りやすく報道しないんでしょうね。
そういえば小学校低学年の頃雨が降ると「放射能の雨に当たってハゲるぞ」とよく言ってました。あの頃はてっきりアメリカの核実験の所為だと思ってましたが、日本海側の東北地方ですから中国の核実験からきたウワサだったんでしょうねl
あのウワサで差別される人はいなかったけれど、今は積極的に被災者を受け入れている鳴子温泉とか風評被害観光地へ金を落としに旅行にいこうと思います。
あっ!ヘタリアにでてた戦後アメリカ軍が記念碑に刻まれた文章を削ったという会津若松にあるローマの石柱やドイツからの記念碑も見に行かねば。( ̄0 ̄)/ !!

| さとう ちえ | 2011/04/26 22:03 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sachimin.blog72.fc2.com/tb.php/236-fee0c25c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT