FC2ブログ

さちみんブログ

漫画家さちみりほのつれづれ日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

誰か教えて下さい2

2月27日未明ようやく肋骨の痛みも和らぎ始めてた母が
突然背中の痛みを訴えます。

始め私は長い事椅子で寝ていたせいで筋肉痛が出たんだろうと
楽観視していましたが全く収まらず3月1日再び救急車で順天堂医大へ
しかしレントゲンでは異常なく入院も断られ、痛み止めも全く効かず
翌日介護タクシーで向かったペインクリニックで漸く圧迫骨折と診断されます。

痛みで寝返りも打てず素人の私達がオムツを換え体位交換に明け暮れる日々。
和歌山から兄も駆けつけ施設に引き取ると言いますが飛行機どころか
最早介護タクシーすら乗れない状態でした。

この間ケアマネは一切姿を見せず電話だけです。

私「とにかく誰か手伝って貰えるヘルパーさんとか寄越して貰えませんか」
ケアマネ「そちらから具体的要求がないとこちらは動けないんです」
私「だから誰でも良いから来て欲しいんです!
看護士さんでも介護士さんでも摘便してくれる人でも頭洗ってくれる人でも」
ケアマネ「わかりました すぐには見つかりませんが空いてるヘルパーで良ければ」

2月28日と3月3日、5日 この「空いてるヘルパー」さん二人が来てくれ
母をお風呂に入れたり摘便やアロママッサージをしてくれました。
とても良い人達でしたが空いてる時間に来てくれるので次がいつかも
次に何をしてくれるのかもわかりません。

ケアマネはお尻の洗い方等を説明したFAXを流して来ましたが
漸く3月3日に数分だけ訪れ「夜だけでも誰か助けて欲しい」
と言う私に夜の循環ヘルパーを紹介します。

この頃にはさすがに私も事態の異常さに気付きケアマネの交代を頼みます。

その後「真摯に受け止めます」との言葉と共に区内の介護事務所
一覧表等がまた延々FAXされる事となります。

夜間介護の事務所のMさんが説明に訪れた3月5日、
例の二人にアロママッサージされてる母を見て驚かれます。
Mさん「あんなのはヘルパーの仕事ではありません。
摘便も訪問看護士でなければ出来ません。
寝たきり状態なのに看護士もつけてないってどういう事ですか
こちらのケアプランは一体どうなっているのですか?」

私「ケアプランって何ですか?」


私達は一刻も早く区の補助の元となるケアプランを立ててもらい、
その中で看護士やヘルパーを派遣されるべきだったはずが
プランも何もなかったため十割負担で、つまり私の全額負担で
「空いてるヘルパーさん」に来て貰っていたのでした。

私が「お金なんかいくらかかっても良い」と言ってしまったがために。
続きます
スポンサーサイト



| その他つれづれ | 00:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sachimin.blog72.fc2.com/tb.php/405-e4a53aec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT