FC2ブログ

さちみんブログ

漫画家さちみりほのつれづれ日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

その後

このケアマネに関してはやっと生活の落ち着いた22日
区の保険課に苦情を訴えました。
最初介護何でも相談窓口の男性には「それだけじゃ警告に値しない」
と言われ挫けそうになりましたが苦情係みたいな所に回して貰ったら
「酷いですね~」(女性)といたく同情していただき即SセンターへTEL
Fは不在で(やはり)月曜日もう一度連絡してこちらに謝罪させるとの事でした。

実は苦情係にはこれまでも何度もTELしたんですが話し中ばかりで繋がりませんでした。
自分がもう少しクレーマー体質だったらと後悔せずにはいられない。

「あっちゃん、藤原さんいつ来てくれるんよ
いつベッド貸してくれるんよ」
と母が聞く度に
「すぐに借りられへんのやて まあもうじき持って来てくれるで」
と応えてたあの日の自分を呪い殺したい

あ、名前出しちゃったけどまぁ良いや

ここに書いた事は全て私が全責任を持ちます。
何一つ誇張も嘘も書いていません。

皆さん今一度自分の周囲の介護環境を見直してみて下さい。

真夜中のベッドで必死に体位を換えオムツを換えながらる
「何かおかしい、こんな大都会の真ん中で後期高齢者保険も払い続けてて
こんなに誰も来てくれないなんてあるんだろうか」と思っても
私達みたいになってからでは実際身動きなんか取れないんです。

全く仕事にならなかった一ヶ月、残り一週間で70枚描かねばならない
運命も呪いたくなりますが、こんな思いはもう私達だけで沢山です。

皆さんクレーマーになりましょう。
人様に迷惑かけまいと気にし過ぎて家族を犠牲にするのも止めましょう。

江東区さわやか介護センターの藤原裕子
私はあなたを一生許さない。
スポンサーサイト



| その他つれづれ | 11:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/03/24 12:52 | |

良かった、まずは一山越えられて

さちみん先生、初めまして。

大変な御苦労を乗り越えられ、お疲れ様でした。
さちみん先生、お母様、お二人の事を陰ながら応援させて頂きます。

現行ではケアマネは事務所に所属=使われている存在なので、事務所に都合の悪いことは、一切しません。
法律改悪前は独立した存在だったので、きちんとした対応をしてくれるケアマネさんが殆どでしたね。

私の夫の一家の場合は、介護における最悪のケースでした。
それは、隠す&自分達で何とかしようとする事です。

まず祖母の認知症から始まり、この時は両親がほぼ健康な状態で法律改悪前だったので、老々介護で何とかなってました。

程なく義父が認知症を発症、義母は二人を抱える中、既に転移して手術不能な癌にかかっていました。

両親に子供は夫を含めて二人、私達夫婦は遠方、しかも私は療養中で全く戦力になりません。
比較的近くに住んでいる義弟が、度々アシストしてくれてました。

私に出来たのはネットで調べまくり、渋る義母に介護サービスを受けさせる事だけでした。
認定度が低く、義母と二人併せての生活介助でしたが、義母はとても感謝してくれていました。

化学療法、放射線治療と癌と戦っていた義母ですが、祖母の死後1年4ヶ月で力尽きました。

義母が死んだこともわからない義父が残されました。
義父の介護認定に来たケアマネさんが(まともな方です)、奥様の死後急激に悪くなったのですねと言われたそうです。

義母は義父の認知症がひどい事を隠して、要支援1にしていたのです。
ええかっこしいで戦前生まれ、恥ずかしかったのでしょう。

そしてまた同じ事が繰り返されました。
義弟が介護の手を借りず、自分で世話すると決めたのです。
何度も説得したのですが、遠方でマンパワーにならない私達夫婦は、義弟の決意を翻す事が出来ませんでした。
ますます酷くなっていく義父の状態に、義弟は働くことも出来なくなりました。

義母の死後一年半経って、義父も今年の一月に急死しました。
義父は百歳まで生きた祖母に似て、体だけは丈夫で何の準備もしていませんでした。

売れるかどうか判らない古家と、四十代後半の無職の義弟が残されました。

責任感の強すぎる彼は、義母に似て私達に今まで殆ど助けを求めませんでした。

住宅ローンと私の多額の医療費に楽ではない我が家ですが、何とか自立出来るようになるまで、義弟の生活を支えます。

私は義母が大好きでした、いえ今も人間として愛しています。
残された義弟をバックアップするのが、私に出来る唯一の親孝行です。

義弟は今、いわゆる『空き巣症候群』です。
義父を亡くした後の様々な手続きも、優先順位がグチャグチャです。
しっかり者の義弟だけに、一年半の苦難を独りで背負わせてしまった私達は、後悔の毎日です。

長文になってしまって、申し訳ありません。

繰り返すようですが、介護で最悪なのはケアマネの当たり外れよりも、隠す事・自分達だけでやろうとする事です。

どうか皆様、身近にそういう兆候のあるご家庭があったら、お節介だと思わずに、しつこい位に手を借りるよう勧めて差し上げて下さいm(_ _)m


話変わってローゼリアの最新刊、購入しました☆
ネットの無料マガジンで読まれていた方、ぜひご購入を。
描き下ろしが最高ですよ!!
買って損なし(笑)




| アルダナーリ | 2013/03/25 22:56 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sachimin.blog72.fc2.com/tb.php/407-9af7a96c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT